西村ジョイ屋島店 四国最大級のホームセンターをドローンで空撮【TV東京】所さんの学校では教えてくれないそこんトコロでの撮影より元データを編集しました。
今回、西村ジョイさんのお許しがでましたので、公開に踏み切りました。TV東京さんからは当初より許可いただいておりました。
ひとつだけ言い訳を!となりに交通量の多い大きな道路があるため、ディレクターさんからも頼まれましたが、その上を飛ぶのは断りました。

※撮影レベルとしてはけっして良いレベルのものには仕上がりませんでしたが、現場の状況(電線の本数、障害物の数、近くの道路)等から考えて比較的難易度の高いフリープランの撮影プランとさせていただいております。
撮影プラン別料金プラン※あくまでも基本プランであり予算のご都合によりご相談させていただくことは可能です。

空撮基本サービス 料金

関係各所への許諾、承認済み

国土交通省への許諾

許可・承認


というところで

今回案件の理想的な空撮を考えてみた。
おそらくもう一度チャンスがあるかどうかは(多分無い)
①チルト水平で上昇しながらチルトダウン
①可能な限りまで上昇させ、すこしチルトアップさせ、西村ジョイの全体が含まれかつ遠方まで見渡せるような構図の角度でPAN
②-③
途中まで正面玄関にフォーカスしながら左移動しながら上昇
③で最高高度まであげながら左後ろに下がりながら旋回
④-⑤
クレーンショットではあるけど、この中で難しいのは②-③だろう。
まず道路を背にするため、ルートを外れることは絶対に許されない
ということで、正確に飛行ルートを飛べ、かつ自在にジンバル操作をするためには「Litchi」のwaypointの助けを借りなければならない。
上記のような設定を試してみたい。共通設定で機首モードマニュアル、
ジンバルピッチモード無効

上記がミッションハブ。
ただ、この撮影に限らないが、常に「びびって」途中でやめてるフライトが目立つ
だからツール「Litchi」に頼りたくなるのだけど、頼れないときもある。
ほんとうにびびってるのも当然の原因だが、途中でアイパッドを覗き込むことによるブレ
アイパッドで見ている画面のスピードと目視のスピードが違うことによる迷い

・基本、クレーンショットをのぞきバックする映像は使えないことが多い

対応策としては、ある程度ジンバルの角度を固定し、目視で撮影する練習をする。
都度撮影結果を見ながら、撮影との誤差を埋めていく。

使用ドローンについて

ドローン 空撮機体