先日、点検・測量関係の 業務に就きたい方へのマンツーマンレッスンを実施しました。
点検・測量関係となると、自動飛行機能の設定とGPSが聞かない場所での操作この2点が重要になってくる。
自動飛行機能の設定については、GSプロとなるんだけど、これのレクチャーは4時間では足らない。よってGPSが聞かない場所での操作に比重を置いてレッスン

1. ひととおりの最低限の座学 DIPS・国土交通省の許可・パイロット資格・DID地区・・・
30分以内で切り上げます。長く取ることも出来ますが、しません。ポイントだけ。

2.シュミレータでの基本操作のレクチャーと実習
こちらも30分以内で。マンツーマンなので実機で十分実習できますので。ただし「じっくり動かせるか」「危険な操作はしないか」は見ておきます。

ドローンスクール・レッスン

3.Mavic miniでの基本パターン練習
4.Mavic2 Proでの基本パターン練習と業務でよく使う操作をレクチャー
ここまでで、操作が厳しいようであれば、5は非常に危険ですので、4でいろいろなシチュエーションを考えてレクチャー、練習をしますが、この日の方はかなりセンスが良かったので、最終練習まで進みます。

5.Inspireを使ったAttiモードでの練習
もっとも比重を大きく、点検・測量関係は中型機以上を使うことが多く、GPSが捕まえられない場所での業務も想定し、GPS無し Attiモードでの練習をひたすら続けます。最終的にはGPS無しでノーズインサークル。ノーズインサークルはGPSありでも2つのスティックを使います。これに当て舵をいれるので、3つ、4つのスティック操作が必要になってきますので、もうこれは練習しかないんです。

グループでのレッスンだと目的がぼやけてきて内容も差し障りの無いもの、ぼやっとしたものになりがちですが、今回は業務を意識したレッスンになったと思います。目的に合わせた独自のカリキュラムを組みます。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ