突然の空撮依頼でした。

あと少しで週末の休み!
金曜日の午後
登録してあった会社からの電話、でも記憶に無い会社、やばいところは登録までしないから大丈夫だろうと思って取る

空撮をお願いしたい。豊島 今から・・・・・・・・・・(女性の声)。たしかかなり前に引き合いがあったものの、知り合いの現地の人に頼むとのこと。それで見積終了という案件

(フェリーはまだある?ドローンの充電はたっぷりではないはず。満タンまでどのぐらいかかる?どう考えても無理!)

同僚の女性より「台風ののこりがあるから、風強いよー」(しめた!これでひとまず断ろう)

「風が強いので今日は無理ですねー」

すこしたってから、上司のような男性より

「明日はいかがでしょうか?」「明日なら」(今日は徹夜で準備です。豊島までクルマではいけないので、なるべく資材をコンパクトに)

家に23:40ぐらいに帰り、ドローンの状態を確認

(やっぱり充電はしていないに等しい。これから電池を交換しながら目標11本満タンで準備しなければ!充電ハブもうひとつ買う?)

4時間睡眠で翌日フェリー乗り場へ。なんとか荷物は2つに。これ駐車場代も結構いるんだろうなあ。
(ここでスカウターが取り付け可能なめがねを忘れる。スカウターは無理に)

「瀬戸内国際芸術祭・・・・・。(忘れてた)」乗ろうと思ってたフェリーは満杯!次の便へ

でかい荷物を抱えて満員の船内で小さくなる

豊島 家浦港へ到着

まわりはみんな観光客、さあ勇気を振り絞って、いつもの「ビブス」、なんか余計に不審がられている。

でも飛ばしてしまえ!港・診療所 建物・港 フェリーで前半戦修了

でもお昼はどこで食べるの?orz
(すでに気付いていたのですが、露出オーバー?もやがかかったような動画が。ここでなんで、なんでNDフィルタ装着しなかったんだろう。持ってきていたのに。そのまま進む。ここら辺が一人の時の弱点やね。ミスしててもそのまま進んでしまう。)

またも満員のバスにゆられて、豊島美術館

美術館は撮影しないものの、撮影しないものの、撮影しないものの、責任者に確認をとる。

(聞いてもいないのに余分な警告有難う。そこはあなたの所掌範囲じゃないよ。道路は県警・・・小学生じゃないんだから。これは感謝するべき?なんか周辺でも飛ばせたくないから、イジワル言っている様に聞こえるけど。)

となりの棚田で撮影開始


んんんん。タブレットの映像が乱れる乱れるモザイクに緑に半分真っ黒。なんかいリセットしても同じ
カンに頼って撮影することにする
(多分、タブレットの熱暴走やろね。これも準備不足!もっと保冷材もって来るんだった。これが一番のミス)
(と、ここまでのミスから判断するともう少し運べる荷物を増やしたほうが良さそう)

これいじょうやっても思い通りの映像は撮れそうに無いので(モニタリング不能になったので)、終了!

このあとも大変、SDカードからパソコンへ移すのに一晩がかり
パソコンから無料ファイル共有サイトへアップするのに半日
バックアップ用ディスクにコピーするのに数時間

その間にパソコンも熱暴走でダウン。まわりに保冷材を張り巡らして作業を再開