天気ばかりはどうしようもない。ひさびさの投稿となってしまいましたが、なにもしてなかったわけではないです。
むしろ反対で、大忙しだったからです。
ブログを書いているときは、○○なときです。仕事がはいると平日の撮影であっても、休みは結構埋まってしまいます。
ロケハン、できればリハーサル、もしできれば現場をイメージしたトレーニング
本番が雨で流れるときでも、予報で確実でも完璧にフライトできる準備をします。
飛行計画を練ります。
それでも一発で本番の日に納得できる映像が撮れることはめったにありません。撮り直しもあります。クライアントが納得してくれてもリテイクしたい現場はいくつもあります。
やはり本番でないと味わえない緊張の中での、機体操作とカメラワークの絶妙なバランスでしょうか。
そこで今出来ることを考えてみましょう。理想は2オペ、機体操作とカメラマンで分業すること。
それはインスパイアじゃないと無理なので、代替案を考えてみます。
ウェイポイントを考えてみます。